迷っている暇があるならagaの治療を受けておこう

HOME>レポート>agaの治療方法は様々〈自分にぴったりな治療をするべき〉

agaの治療方法は様々〈自分にぴったりな治療をするべき〉

男の人

20代で薄毛になることも

おでこが剃り込みを入れたようにM字型に禿げてきたらagaと呼ばれる男性型脱毛症の可能性があります。agaは幅広い年代の男性に発症し、特に20代から40代にかけて多く見られます。これは男性ホルモンの影響で毛髪のヘアサイクルが短くなり次第に薄毛になってしまう病気です。人のヘアイクルは寿命が来たら終了してしまい、それ以降は発毛しなくなりハゲてしまうのです。薄毛やハゲになると人に与える印象もかなり違ってきます。年齢よりかなり老けて見える場合もあります。これはかなりの人にとってコンプレックスになり、内向的な性格に変わってしまうこともあるのです。東京ではagaを治療するクリニックは増加しており、治療技術も年々進化しています。一人で悩まないで早めに東京のagaクリニックで診察をすることが大切です。

男性

正しいヘアケアも大切

agaは病気ですから市販の育毛薬などでは改善することができません。間違ったヘアケアはかえって毛髪にダメージを与えてしまいます。医師の診察が必要で、ここでは薬の処方のほかに正しいヘアケアなどの指導も行っています。適度な運動をして血行を良くし、栄養バランスのとれた食生活をすることもaga改善には必要です。東京ではaga治療には抜け毛の進行を抑制するフィナステリドや、発毛を促すミノキシジルなどが使われます。そのほかに東京の発毛クリニックではレーザー治療をしているところもあります。レーザーを頭皮に照射することで血行を良くしヘアサイクルを正常に戻すことができます。そのほかにドライアイスなどで頭皮に刺激を与えて発毛を促す治療法もあります。